買ってよかったもの、本の感想など

  1. BOOK
  2. 84 view

ニーチェ「ニヒリズム」「神は死んだ」「超人」ざっくり解説

読書代行をさせていただいた本、貫成人さんの「ニーチェ―すべてを思い切るために:力への意志 (入門・哲学者シリーズ) 」。

これを読んで

「ニヒリズムってこういうことだったのか…!」
「ルサンチマンってこういうことだったのか…!」
「超人ってこういうことだったのか…!」

と感銘を受けたので、私なりに解説します。

ルサンティマン

よく日常でも使われるこの言葉。
私のイメージでは、「身なりに気を遣うなど努力をしない人」がモテる人を妬む気持ち、と理解していました。
「ルサンチマン」=「負け犬の遠吠え」なのかなと。
しかし、ニーチェは努力のあるなしなど関係なく、ただ、弱者からの妬みはすべてコレ、といっています。

この本の中では、「自分の村を暴漢に襲われた老人」が例えに出てきます。

老人には復讐する力がない。できることは「あんな悪いことをするやつは地獄に落ちる」と言うことだけ。「神はいる。道徳は正しい」と言うことだけ。

道徳もルサンティマンの産物ともいっています。

“弱者が唯一、強者を凌駕することができ、凌駕することによって自己防衛するための装置、それが道徳だ。”

神は死んだ

“道徳的価値の起源が、われわれの生きているこの現実世界における
心理的社会学的メカニズムにあることがわかった以上、
神は「恥ずかしくて生きてはいられない」とニーチェは言う。”

ルサンチマンの解説にもつながるのですが、
ニーチェは、「神」や「道徳」は弱者による言い訳である
といっています。

「そんな悪いことをしたら、お天道様が見ているぞ!」というのは弱者。

もし、悪いことをさせない力があるなら、そんなことを言わない。

道徳は欺瞞である。
道徳の延長上に作られた神も同じである。

「お天道様って、どこにいるの。あなたが私を従わせるための方便でしょ」
と看破されたら、恥ずかしくて、二度とそんなこと言えなくなる。

これをバラされたら神は恥ずかしくて生きてられない。
=神は死んだ、につながります。

ニヒリズム

“すべての差異を無化し、別次元の秩序に光を当てる
「大いなる正午」において永遠回帰思想を呑み込んだとき、
その存在は人間という類を超えた存在、「超人」となる。”

ニヒリズム、読む前の私のイメージは
「この世に、いいことなんかあるはずはない。なぜならみんな死ぬから」
という感じでした。

が、ニーチェによれば、この世には「良い」も「悪い」もない。
「Good」も「Bad」もないんです。
(英語にしただけ)

「いい」「悪い」の価値基準がそもそもない。

ニーチェのニヒリズムは「この世=無価値」ではなく、
「価値」基準そのものが、まやかしだというもの。

それが永遠に繰り返されている。(「永遠回帰思想」)

でも、みんな自分には、自分の人生や、やっていることに、価値があると思って生きたい。
もし、真面目に生きていることが、何の価値もないなんて、直視できない。

もし、それを直視しながら生きているとしたら、それは人間ではない。
「超人」である。

超人

ということで、「超人」はスーパーマンのことではなく(私はそう思っていた)
「この世に価値がない」ということを真に見つめながら、生きている人のことなのでした。

大いなる午後

これは、「超人を目指そう!」とするご褒美でもある。

「良い」「悪い」の価値がない世界は、さながら、晴れ渡る荒野である。

そこには、神も善悪もない。「Good」も「Bad」もない。

しかし、太陽が真上に来た時、井戸の底の水脈に光が当たる。

その時、「悟り」を得る。かもしれない。

それが、大いなる午後!

わかる?
わからなかったら本読んでくれ。

まとめ

ニーチェは神、善、自我などはないと否定している。
しかし、それは人々にとって受け入れがたい。
なので、「超人」になれば悟りが得られる、と道筋を示している。

あとがき

読んだのが結構前なので、理解が若干ぼやけていますが、私はこういう風に理解してます。

本を5回くらい真剣に読みました。真剣に読んだらわかるはずなので、ぜひ。

BOOKの最近記事

  1. 「くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話」感想

  2. 第2回 読書代行レポート(観音クリエイションさん)

  3. 今、読んでる漫画全部言う

  4. 漫画「違国日記」7巻 ネタバレあり感想

  5. 鶴谷香央理さんの短編集「吹奏楽部の白井くん」に出てくる音楽たち

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP