買ってよかったもの、本の感想など

  1. BOOK
  2. 239 view

鶴谷香央理さんの短編集「吹奏楽部の白井くん」に出てくる音楽たち

鶴谷香央理さんの「吹奏楽部の白井くん」を読みました。

私は「メタモルフォーゼの縁側」が大好きなのですが、それに近いものがあって良かった…。

ちょくちょく音楽が出てきて、「音楽を聴きながら読んだら、より楽しいはず」と思ったので調べてみました。

木琴を運んでいたら、賞を逃して落ち込んでいる部員を見かけて、即席でセッションするシーン。
吹奏楽部の人って本当にこういうことあるの?あったら美しいなあ。

the Entertainer

木琴のソロで始まるので、漫画の感じに近そう。

波江野くんのトランペットはこんな感じかな。

エルクンバンチェロ

指揮者の人めちゃくちゃ良いな。
ボンガとコンガが華があるってわかる。

bowed Vib

木琴を?弓で弾く?ってどういうこと?フォーンって鳴るの?ウソでしょ?
と思ってたら本当だった。美しい音色。

The Typewriter

この曲か~!となった。
タイプライター奏者の人の演技が良い~。

76本のトロンボーン

高校の吹奏楽部の方の演奏を見ると、漫画の登場人物たちを重ねてしまう。

曲の出てくる「ミュージック・マン」というミュージカルの映画はこちら。

76本のトロンボーン(ミュージック・マン)

「ふみさんがいいよ」というセリフが良い~。

白井くんの妹たちがやってるゲームは、もしかしたらウンジャマラミーでは?

サムロール

このサムロールがある曲がプスタ。

Puszta Four Gipsy Dances 

1分40秒あたりでサムロールしてるのが見れます。
華やかな曲。つい聴き入ってしまう。

生まれ変わってまた高校生やれるなら吹奏楽部入ろう。

BOOKの最近記事

  1. 「くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話」感想

  2. 第2回 読書代行レポート(観音クリエイションさん)

  3. 今、読んでる漫画全部言う

  4. 漫画「違国日記」7巻 ネタバレあり感想

  5. 鶴谷香央理さんの短編集「吹奏楽部の白井くん」に出てくる音楽たち

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Contact

    PAGE TOP